本文へスキップ

小田原市の小児科クリニック、横田小児科医院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0465-34-0666

〒250-0051神奈川県小田原市北ノ窪515‐3

院内報

こあら通信 第241号 May 2018

目次

マスターズトーナメント
ヒトメタニューモウイルス感染症
JAMBO!よりこんにちは
待合室インフォメーション
お知らせ

マスターズトーナメント

 5月は私の生まれた月で何となく気持ちがウキウキします。子どもの頃からスポーツが好きで、いろいろな運動をしてきました。ゴルフを始めたのは高校生の時代。ゴルフにのめり込んでいた父からの強い勧めもあり、始めることになりました。

 大学時代も医学部のゴルフ部に入っていました。開業してからは時間もなくコースへ出る回数もめっきり減って腕もだいぶ落ちましたが、オーガスタナショナルゴルフコースで開催されるマスターズトーナメントはいつもテレビで観戦していました。家内の尽力もあって、一度は本場のトーナメントを観戦したいと思いが成就し、松山選手の初制覇を願いながら4月にマスターズトーナメントを観てきました。

 オーガスタはジョージア州第2の都市ですが、4月第1週の1週間マスターズトーナメント一色になります。ツツジが咲き新緑がきれいなゴルフコースは素晴らしいの一言。絨毯のように整備されたフェアウェイ、観戦しやすいように設計されたコースにも驚かされました。タイガーウッズの久しぶりの出場もあって、観客は例年よりも多く、公式発表はありませんが1日10万人を超える数だそうです。選手たちのゴルフの腕はまさにマスターズ。驚くようなショットが随所にみられます。松山選手は残念ながら19位でしたが、あれだけの名選手の中で安定した成績を上げていることに感心しました。

 ものすごい数の観戦者で、混雑したディズニーランドを想像させるような状態でしたが、パトロンと呼ばれる観客のマナーは素晴らしいものでした。本物を見ることの大切さを改めて感じることのできた機会でした。遠ざかっていたゴルフにももう一度挑戦したい気持ちが湧いてきました。

ヒトメタニューモウイルス感染症

ヒトメタニューモウイルスは風邪の原因の1つで、気管支炎や肺炎などの呼吸器感染を起こすウイルスです。生後6か月~2歳くらいまでに50%、10歳までにほぼ全員が感染します。一度感染しても十分な免疫を得ることができないので、繰り返し感染することが知られています。咳やくしゃみによる飛沫感染・ウイルスのついた手や鼻に触ってうつる接触感染で感染します。4~6日間の潜伏期間の後、咳・鼻水・発熱といった風邪にとてもよく似た症状がでます。悪化すると、発熱が続く・咳がひどくゼーゼーする・中耳炎や細菌による肺炎などを起こすこともあります。

迅速診断キットで診断することができますが、治療は特効薬がないため対症療法だけで、必要なら咳や鼻水を抑えたり熱を下げる薬を使います。集団生活の場で感染するだけでなく、家庭内で感染することもあります。ウイルス感染が拡がらないよう、マスクの着用やタオル・食器を分けるなど感染対策をしましょう。

JAMBO!よりこんにちは

新緑の眩しい季節になりました。お天気がいい日には、病児保育室JAMBO!に入室中のお子さんも診察後に先生の許可が出れば、お散歩に出掛けることがあります。大雄山線を見て嬉しそうに手を振ったり、川を覗いてみたり。ベビーカーで気持ち良さそうに寝てしまうお子さんもいます。時にはウッドデッキに出て、外の風を楽しむこともあります。ウッドデッキにジョイントマットを敷いて、保育室の窓を開けると開放的な空間ができ、そのままデッキに出ることができます。マットの上で玩具で遊んだりしゃぼん玉をしたり、ふと気付くとさっきまで泣いていたお子さんが、泣き止んで笑っていることもよくあります。JAMBO!は毎日来る所ではないので、朝は不安で泣いてしまうお子さんがいます。そんな時に外に出ると、自然と気持ちの切り替えができることもあり、ウッドデッキも試行錯誤しながら活用しています。病気のお子さんをお家で見る時も、少し外の空気を吸うだけで、気分転換になると思います(もちろんグッタリしている時はやめておきましょう)。JAMBO!では先生や看護師、保育士でお子さんの体調に合わせ、ベストなお預かりを心掛けています。病気で困った時はJAMBO!を思い出してくださいね。

待合室インフォメーション

今月の絵の作者は、アール・ド・ヴィーヴル 二見里佳(ふたみりか)さんです。「この作品は、夢の国のお城を描きました。様々なことにチャレンジして、自分らしく生きることを大切にして毎日を過ごしています。」とのこと。平和を願う二見さんの優しさが溢れています。アトリエに通いはじめて一年が過ぎ、創作意欲は益々広がっているようです。

お知らせ

1. 「発達と育児の相談室」開室日変更のお知らせ

毎週火曜日午前中に臨床心理士の橋本友紀先生が担当する「発達と育児の相談室」を開設しています。都合により5月16日より開室日が毎週水曜日に変更となります。完全予約制になりますので、利用をご希望の方は受付までご相談ください。

2. 診療明細書を発行しています

4月の診療報酬改定に伴い、当日の診療内容と点数が記載された「診療明細書」を会計時にお渡しすることになりました。「子どもの病院に行って会社を休んだということの証明にしたい」等の利用が考えられますが、特に必要ないという場合は対応させていただきます。会計時にお伝えください。

3. WEB予約の画面変更をしました

4月かられいな先生(横田先生の次女:泰道先生)の2週間健診が始まりました。診察の予約と同様にWEBで予約ができます。予防接種も4月から接種時間帯が増えました。健診・予防接種ともどうしても時間の都合がつかない場合はお電話でご相談ください。

横田小児科医院医)横田小児科医院
病児保育室JAMBO!

〒250-0051
神奈川県小田原市北ノ窪515-3
TEL 0465-34-0666
FAX 0465-35-0756