本文へスキップ

小田原市の小児科クリニック、横田小児科医院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0465-34-0666

〒250-0051神奈川県小田原市北ノ窪515‐3

院内報

こあら通信 第204号 April 2015

目次

新学期
子どもの中耳炎
春だ!でかけよう!
春をみつけに探検に行こう!
お知らせ
最後のごあいさつ
編集後記

「新学期」

 一気に暖かくなり、桜も咲き始めようとしています。3月は卒業の季節でした。私たちのクリニックでもたくさんの子どもたちが保育園・幼稚園を卒園して小学校へ入学し、また中学校、高校へと進学します。卒業は子どもたちにとって一大イベントですが、親にとっても大切な一区切りです。子育てという営みが、一つずつ通過点を過ぎていくことを感じられる瞬間です。我が家も三女が大学を卒業し、仕事を休んで卒業式に出席してきました。涙こそありませんでしたが、三人の娘を社会に送り出すことができ、ホッとしたというのが一番の気持ちです。

 子ども達にとって卒業は終点であると同時に出発点です。これから楽しいこともたくさんあるでしょうが、荒波にもまれることもきっとあると思うと、思わずエールを送りたくなります。意気揚々としている子もあれば、何となく不安げな様子の子もいます。あまりプレッシャーをかけず、すんなりと新しい世界に入ってほしいと思います。

 子育ては子どもを一人前の大人に育てる営みとも言えます。その中で、私たちは子どもたちに何かを伝えたいと、どこかで考えているのではないでしょうか。それは生きる術かもしれませんし、人生についての考え方かもしれません。また、それを伝えるのは親ばかりではなく、園・学校の先生や友達ということもあるでしょう。人類の長い歴史の中で「伝える」ということを繰り返した末に、私たちの今があるのだと思います。

 三人の娘の子育ての中で、自分は何をほんとうに伝えたかったのか、そしてそれが子ども達に伝わったのか…そんなことを考えた娘の卒業式でした。

「子どもの中耳炎」

 診察に来て「中耳炎になっていますね」と言われたことはありませんか?耳と鼻は奥でつながっています。中耳炎は、鼓膜の奥に中耳という部屋に菌が入って膿がたまった状態を言います(水がたまることもあります)。鼓膜の外側から菌が入るのではなく、鼻の奥から耳に菌が入り感染するのです。

 中耳炎になるときは、急になることが多く、耳の痛みや熱が出ることもあります。訴えのできない赤ちゃんは、急に機嫌が悪くなり泣いてばかりという事もあります。
 もし夜間や休日に痛がったりした場合は、手持ちの解熱剤が痛み止めとして使うことが出来ます。慌てて受診せず使ってみてください。受診は、翌日または休日明けにしましょう。ほとんどの中耳炎は、抗生剤を使わずに治るといわれています。耳の状態によっては抗生剤が処方されます。抗生剤を内服するだけでなく、お家でこまめに鼻を吸ってあげることも重要です。

 中耳炎は良くなってもすぐ再発したり、なかなか治りにくく通院が長引くことも特徴です。治るまで根気よく頑張りましょう。

春だ!でかけよう!

むすび持って、少し足を伸ばしてお出かけしてみませんか?

小田原市:諏訪の原公園

広い芝生にちょっと変わった遊具、そして名物の長いローラー滑り台。隣接するフラワーガーデンと共に季節を満喫できますよ。

南足柄市:南足柄市運動公園

ローラー滑り台やアスレチック遊具あり。小さいお子さんでも楽しめます。梅や桜などのお花見もできます。

開成町:開成水辺公園

酒匂川に沿ってお散歩するもよし。小さなお子さんにちょうど良いローラー滑り台など遊具があります。

大井町:丁字ヶ原農業公園

「いこいの森あしがら」の北側にあります。河津桜が覆い尽くしお花見もできます。アスレチック遊具のある広場はこじんまりとしていますが、ちょっとしたハイキングもでき、季節を通して楽しめそうです。

松田町:西平畑公園

電車好きにはたまらない・・ミニ機関車とロマンスカーに乗れます!しかも大満足の20分!

中井町:中井町中央公園

少し遠いのですが、おすすめです。泥遊びもできる砂場や、ローラー滑り台、ターザンロープなど小さな子どもから大きな子どもまで1日楽しめます。夏の水場遊びが今から楽しみになりますよ。

園庭解放も利用してみよう!

お子さんとの過ごし場所って悩みますね。幼稚園や保育園で開かれている園庭解放もぜひ利用してみてください。遊び場所やお母さん達との交流だけでなく、園の先生とお話や、園児と一緒に遊ぶとお母さんやお子さんの刺激にもなります。少し遠い場所も、遠足気分で電車に乗ってでかけてみてください。外に出かけると、お母さん自身のストレス解消にもなりますよ!

春をみつけに探検に行こう!

 暖かい日差しに、さわやかな風。戸外に出かけたくなる季節がやってきました。そこで、「手作り宝箱と双眼鏡」を持って、春を見つけに探検に出かけてみませんか?

〈宝箱〉お菓子の空箱や牛乳パックで入れ物を作り、画用紙の手持ちをつけます。

〈双眼鏡〉トイレットペーパー芯を2つ張り合わせ、首から下げられるよう、ひもをつけます。※どちらも画用紙や折り紙、シールなどで装飾してもいいですね!

 双眼鏡をのぞきながら「この花かわいい」「虫みつけた〜」「宝箱に入れよ!」こんなセリフが聞こえてきそうなワクワク探検、この季節ですとタンポポ・シロツメクサ・レンゲやダンゴ虫に出会えるかもしれませんね。

 子ども達は探検が大好き!好奇心を高めたり、自然とかかわったりすることは、子ども達の生きる力を育むことにもつながります。

 まだまだ花粉の季節で外出がつらい・・・という方も・・ぜひ春の自然を楽しんでみてください。

お知らせ

病児保育ニュース

 4月より南足柄市在住の方もご利用いただけることになります。また、生活保護、非課税世帯の方は補助が受けられます。利用には登録が必要です。詳しくは、医院窓口か南足柄市子ども課までお問い合わせください。

※小田原市/南足柄市以外にお住まいの方は医院までご相談ください

アレルギー外来のお知らせ

アレルギー外来は25 日(土)です。

GW 休診お知らせ

4月29 日(水)から5月6日(水)までです。ご不便おかけいたしますが、休診の間は休日夜間診療所、他院をご利用ください。

最後のごあいさつ

 院内報の編集とイラストを担当していましたが、今月で最後となりました。私も子どもと一緒に新しい門出を迎えます。時々話題にする息子のネタを楽しみにしてくださった皆様、ありがとうございました。最近の息子の会話はすさまじいレベルです。対向車に道を譲った時のこと。息子「あのトラックじゃまだね」私「お互い様だからいいんだよ」息子「母ちゃん、優しいね」私「・・・」ややこしやの3歳ですが、毎日楽しませてくれています。

 さて、来月より新しい院内報が登場します。内容も盛りだくさん、より良い院内報になりますので、お楽しみに!

 皆様が素敵な笑顔で日々過ごされますよう祈りつつ、応援しています。それでは、お元気で!

編集後記

 入園入学の時期ですね。親も子いつも以上にがんばってしまうかと思います。まずは規則正しい生活を送れるよう心がけたいものですね。よく食べよく寝て、元気にお過ごしください。

横田小児科医院医)横田小児科医院
病児保育室JAMBO!
医)横田小児科医院

〒250-0051
神奈川県小田原市北ノ窪515-3
TEL 0465-34-0666
FAX 0465-35-0756