本文へスキップ

小田原市の小児科クリニック、横田小児科医院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0465-34-0666

〒250-0051神奈川県小田原市北ノ窪515‐3

院内報

こあら通信 第196号 August 2014

目次

次女の結婚
病児保育室スタッフ紹介
「JAMBO!」からはじめまして!
ヨコピー講座「健康な皮膚を保つ ③」〜保湿剤の塗り方〜
お知らせ
編集後記

次女の結婚

 猛烈な暑さがやってきました。子どもの頃には暑いのを苦にすることなどほとんどなかったのに、暑さが身にしみる年になったと感じます。といっても夏は大好きです。夏休み前のウキウキした気持ちは、いまだに忘れることができません。

 夏休みというと家族で旅行することが一番のイベントですが、次女が先月嫁いでいき、3人の娘たちもそれぞれに独立して生活を送るようになって、旅行も家族旅行から友人夫妻との旅行に変わってきました。友人との旅行も楽しいですし、親しい友人を持つことの大切さを感じますが、やはり家族全員での旅行は忘れられない思い出でいっぱいです。でも、家族で一緒に旅行できる期間はわずかしかないことに、今になって気付きます。若いご両親の方々も、子どもとの時間をもっと大切にしてほしいと思います。

 先月結婚した次女は、学年は2つ離れていますが長女とは年子で、長女とは全く違っておとなしく手のかからない赤ちゃんでした。ことばの発達もゆっくりで、ちょっと心配するくらいでしたが、幼稚園に入った頃からはひょうきん者で、周囲の人をよく笑わせてくれました。少し年の離れた3女が生まれてからは、赤ちゃん返りが出たりして、ある意味子どもらしい、わかりやすい子で、私たち夫婦を楽しませてくれました。

 準備がたいへんだった結婚披露宴も終わり、家内は寂しがったりしていますが、子ども達は巣立っていかなくてはなりません。そして、私たちが楽しんだような家庭を新たに作ってほしいと思います。子どもの数が減って、将来が不安になる時代ですが、こういう時こそ未来に希望を持って、命を繋げていくことの大切さを思い起こさなくてはならないのです。

 この県西地区でも子ども達が増え、活気が戻ってくることを願います。今年はヘルパンギーナが流行していて、当院でも患者さんが増えています。しかし、高熱が出てもたいていは元気で、遊びに行きたい、プールに入りたいという子どもをみていると生命力の強さを感じます。やんちゃで手がやけますが、可愛い孫達が帰ってくるのを、新しい夏休みの楽しみにしたいと思っています。

病児保育室
スタッフ紹介

土屋理恵
 お子さん達が少しでも安心して快適に過ごせる様、そして保護者の皆様にも安心して頂ける様な保育室を目指していきたいと思います。よろしくお願いします!

秋津 綾
 初めまして。秋津綾です。今回JAMBOのスタッフの一員として子ども達と一緒に過ごさせて頂くことになりました。体だけでなく心も休めるような環境にしていきたいと思っています。初めて病後児保育に関わるのでいたらない事もあると思いますが、頑張っていきますのでどうぞ宜しくお願い致します。

石川 裕子
初めまして!南足柄市在住の石川と申します。1男1女の母親です。子育て中は色々な事で心配したり、悩んだりしました。そんな経験を生かしつつ、お子さん達が少しでも元気になって、笑顔で過ごせるようにお手伝いしたいと思っています。よろしくお願いいたします!

市島 直子
 はじめまして保育士の市島です。現在7歳と5歳の娘の育児に日々奮闘しています。まだまだ手のかかる娘達の子育てをしながら働く事に少々不安もありますが・・・ジャンボを利用されるお母様方の気持ちに寄り添って保育が出来る様にこれから頑張っていきたいと思います。よろしくお願い致します。

林 正美
 ママよりバアバのおんぶが大好きな2歳の孫がいます。ママには勝てますが、パンには負けるバアバです。みんなのバアバになれたら幸せです。よろしくお願い致します。

「JAMBO!」からはじめまして!

 7月は夏風邪で熱が続いているお子様が多く利用されました。

 JAMBO!では、ご家庭での様子をお聞きして普段の生活のリズムを基に、その日の症状や様子に合わせて食事や睡眠が取れる様、心掛けています。遊ぶことのできる子もいれば、泣いている時間や寝ている時間の方が長い子など、年齢や症状により様々なので個々に合った過ごし方を考え保育しています。また、医院に隣接しているので、細かなことでも横田先生はじめ医院スタッフと連携を取っています。 

 まだスタートしたばかりで保護者の方も特に最初は不安があるかと思いますが、少しでも保護者の方やお子様のサポートができる場所になれたら、と思います。

 登録さえしておけばいつでも利用できますので、まずは登録を!!

ヨコピー講座
「健康な皮膚を保つ ③」
〜保湿剤の塗り方〜

 健康な皮膚にはバリア機能があり水分の蒸発や外からの刺激を防ぎます。しかしドライスキンになると外からの刺激を受けやすくなり、痒みを感じやすくなります。保湿剤は皮膚の水分が逃げないようにふたをしたり、皮膚に水分を与えたりする役割を持っています。健康な皮膚を守るために季節に関係なく毎日保湿剤を塗ってスキンケアをしましょう。

 塗るときは皮膚の状態を手で感じ(カサカサしている、デコボコしているなど)皮膚の状態を知りながら塗ります。手で軟膏や保湿剤を塗ることはいいスキンシップになります。できれば入浴後5分以内に塗るようにしましょう。

 塗る量は、少量を薄く塗るのでなく、少し多いと感じる程度。すり込まず優しく塗りましょう。軟膏・クリームは『人差し指の先から第一関節まで』、ローションは1円玉大の量を、大人の手のひら2枚分の面積に塗ります。保湿剤を塗ったところがピカッと光る程度に塗りましょう。ティッシュが1枚くっつく程度が目安です。

 ※8月6日(水)13:00からスキンケア教室を開きます。予約制ですので興味ある方は受付までご連絡ください。

ローションタイプ
1円玉大

軟膏/クリーム
人差し指の先から第1関節まで

お知らせ

1.医院夏期休診の間、病児保育室も休室となります

①8/5(火)は午前休診ですが、病児保育室は午前から利用できます。

②8/9(土)〜8/19(火)まで休診/休室となります。ご迷惑おかけしますが、休診の間は、他医療機関、休日診療所をご利用ください。

③ 外来小児科学会参加につき、8/29(金)午後〜8/30(土)は休診となります。病児保育室は8/29午前からお休みいたします。

2. インフルエンザワクチンの予約について

接種対象の方など、予約の詳細については来月ご案内いたします。

9月3日(水)〜Web予約開始
9月5日(金)〜窓口受付開始

編集後記

病児保育室がオープンして1ヶ月が経ちました。まだ利用される方は少なく、お子さん達は熱があっても楽しく過ごしているようです。次号は、病児保育室の設備等についてご案内する予定です。なかなか素敵なスペースがありますよ。オープン前に、息子がオジャマしに行きましたら、大好きなプラレールはあるし、キッチンはあるしで大興奮。それに理恵先生とお話したのも楽しかったらしく、翌日も「理恵先生と遊ぶ」とのたまっておりました。お母さんにはもちろん、子ども達にとってオアシスのような憩いの場となることを願っております。

Yokota Children's Clinic医)横田小児科医院

〒250-0051
神奈川県小田原市北ノ窪515-3
TEL 0465-34-0666
FAX 0465-35-0756