本文へスキップ

小田原市の小児科クリニック、横田小児科医院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0465-34-0666

〒250-0051神奈川県小田原市北ノ窪515‐3

こあら通信バックナンバー

リストに戻る

こあら通信 第101号 2006 September

目次

知られざる名医
カンガルーポケットに参加しませんか?
ヨコピーの子育て知恵袋<つむじ>
おすすめの絵本
お知らせ
編集後記

知られざる名医

  夏もそろそろ終わろうとしていますが、蝉の声がまだ大きく聞こえるような気がします。101号となったこあら通信は少し模様替えをして、新しいスタートを切りました。

 今年は結婚25周年で、夏休みには念願だったタヒチのボラボラ島へ旅行してきました。コバルトブルーの海と心地よい風に感激し休暇を満喫してきましたが、ボラボラ島はホテルの建設ラッシュで島に若者が戻ってきており、小さな子どもたちがものすごい勢いで増えているということでした。

 日本は相変わらず子ども生まれず、子どもを取り巻く医療の環境も、掛け声の割にはあまりよくなっているようには見えません。混合診療の導入で医療の差別化が進むことも懸念されます。すべての子どもたちが同じように医療を受けられ、元気に育つことができるよう小児医療を見守っていきたいと思います。

 開業して14年目、小児科医になってからの約半分は小田原で診療したことになります。よい同僚、よい患者さんにめぐり合え、小田原へ戻ってきて本当によかったと思っていますが、長く仕事を続けるには自分なりのモチベーションが必要です。

 小田原が好きだった父は、生前「僕は有名じゃないけど名医だよ」という言葉を何かの折りに口にしていました。酒を飲んで酔ったときなどに、別に意気込んでいるわけ
でも、ちょっと言うだけなのですが、私はその言葉が何となく気になっていました。その父が平成5年に亡くなって遺品を整理しているとき、小さな手帳の中に「知られざる名医」という自筆のドイツ語のメモを見つけました。

 そのメモをみつけたとき、40年以上もこの足柄平野で診療を続けた父を、心の底で支えていたものがわかったような気がしました。私も自分の仕事に誇りを持ち、スタッフや患者さんといっしょに診療を続けていきたいと考えています。これからもクリニックへのご声援をよろしくお願いいたします。

カンガルーポケットに参加しませんか?

「カンガルーポケット」は、カウンセリング外来を担当している浅井先生が毎月1回(土曜日)に開催している、不登校などのお子さんを抱えた親の方を対象にした集いの場です。子どもへの対応や生活でお困りの方、一人で悩んでいる方、同じような悩みをお持ちの方と話して見ませんか?話を聞いてもらいホッとしてみませんか?何かが変わるはずです。

- 場所:横田小児科医院 発達相談室
- 時間:午後2時から午後4時まで
- 開催予定日:9月16日、10月21日、11月11日、12月2日、1月20日、2月17日、3月10日(月間予定表で確認ください。)
- 参加費:2000円

特に参加に関する制限はありません。カウンセリング外来を受けていなくともかまいません。参加を希望される方は受付までご連絡下さい。

浅井先生は、主に不登校の問題を抱えた方を対象とした「カウンセリング外来」を担当しています。(今月から原則毎週木曜日に開催)午前10時から1人1時間半程度時間をかけてカウンセリングを行っています。予約制となっていますのでご希望の方は早めに受付にて予約をお取り下さい。
ヨコピーの子育て知恵袋

 つむじとは、「旋毛」と書き、頭頂にある毛が集中して放散性に渦状になっている部分の俗称です。人の場合には、個人差があり右巻きのものが左巻きよりやや多く、頭頂の方に偏っている場合が多いのです。多くの場合、1個だけ存在しますが、時には2個、3個と複数のつむじを持っている人もいます。巻き方に注目すると、右巻と左巻きの2種類があり、数や巻き方は遺伝性が認められています。しかし、つむじの数や形は、成長・発達の異常を示すものではなく、病気の診断に役立つ症状でもないので、小児科でも皮膚科でもあまり問題にされることはありませんが、心配性のご両親の中には、つむじが2つある子は知恵づきが遅れると聞いていると気にされる方もいます。つむじと知恵遅れの関連性については、つむじの重複や前頭つむじの出現が普通の子より知恵遅れの子に、より高率であるという報告もあります。しかし、絶対数からいえば、重複つむじの知恵遅れより、重複つむじの正常児の方がはるかに多数ですからいろいろ心配することはありません。

おすすめの絵本(紹介:おはなしたんぽぽ)
「つきのぼうや」

イブ・スパング・オルセン 作・絵  やまのうち きよこ 訳 (福音館書店)

 おつきさまがよぞらにのぼりました。ふと、したをみると、いけのなかにももうひとりのおつきさまが。おつきさまはそれがきになってしかたありませんでした。おつきさまは、つきのぼうやをよんで、「あのつきをつれてきてくれないか。ともだちになりたいのだ。」といいました。

 たて34cm、巾12.5cmの細長い絵本の中で、子供たちはつきのぼうやになって冒険を楽しむことでしょう。

お知らせ

1. 麻しんの予防接種料金について

小学生以上のお子さんで2回目の麻しんの予防接種を希望される方は¥4000で接種いたします。確実に抗体ができるように、2回目の接種をご検討下さい。希望される方は受付またはWeb予約Stationにて予約をお入れ下さい。

2. インフルエンザ予防接種について

9月から予約を受け付けています。予約はできる限りWeb予約Stationにておとりください。予約カードをお持ちでない方は新患予約をご利用下さい。

編集後記

100号記念ということでミニ記念誌を出したりでようやく7月が終わったと思ったらもう101号の締め切り。今月から紙面の内容、レイアウトを見直す予定だったのですが、レイアウトの見直し程度で終わってしまいました。来月からは内容も少しずつ変えていく予定です。楽しみにしてください。

Yokota Children's Clinic医)横田小児科医院

〒250-0051
神奈川県小田原市北ノ窪515-3
TEL 0465-34-0666
FAX 0465-35-0756