本文へスキップ

小田原市の小児科クリニック、横田小児科医院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0465-34-0666

〒250-0051神奈川県小田原市北ノ窪515‐3

こあら通信バックナンバー

リストに戻る

こあら通信 第94号 2006 February

目次

心を育てる
院内を一部改装しました!
ヨコピ-の子育て知恵袋
おすすめの絵本
お知らせ

心を育てる

 寒い日が続き、インフルエンザもいよいよシーズンに入っています。間違った情報に惑わされず、賢くシーズンを乗りきってください。
 新年になって雑誌や新聞を見ている中で、大学の先輩のエッセイを医療関係の新聞に見つけました。

 「表面的なアメリカ文化ばかりを模倣し続け、空虚なマネーゲームが横行するようになってしまった現代社会では、医学にも科学にも 、うまく立ち回ろうとする詐欺師たちがうごめいている。心の汚い人たちが、絶望的なまでに社会の中心を占めてしまった現実の中で、 人々の切なる叫びは、傲慢な笑い声にかき消されている」

 日本という国家は、もともと優しさの古典文化を守り続けた民が開いた国家だと彼は言います。医療制度が間違った方向に動き出していることを感じさせるエッセイでしたが、人の心は歴史の中でどのように変化しているのだろうかと、ふと考えてしまいました。

 科学技術は明らかに進歩し、日々新しく便利なものが登場します。元に戻るということなどありません。しかし、人の心はどうでしょ うか。「食べ物を粗末にしてはいけない」「他人に迷惑がかかるようなことをしてはいけない」「弱い子をいじめてはいけない」など、 私たちには小さい頃から教えられた、心の決まりがありました。このような心の決まりは進歩しているでしょうか。

 最近の世の中をみていると、人の心はむしろ退化しているようにさえ感じられます。科学技術は教科書などで後世に伝えられますが、 人の心は人から人へ、親から子へという地道な方法でしか伝わらないのです。

 ライブドアの事件で「人の心はお金で買える」という言葉が有名になっていますが、平然とこのようなことが言われる社会になってし まいました。意識して伝えないと、心はますます退化してしまいます。子どもたちに心の文化を伝えることは、私たち大人の大切な仕事 なのです。

院内を一部改装しました!

1. カウンセリング・発達相談の部屋ができました!

 1階の駐車場の奥にカウンセリング、発達相談用の部屋を設けました。入り口は駐車場の奥右側にあります。より落ち着いた環境で相 談を受けることができると思います。受付、会計は今までとおりですので、まずは従来と同様医院の受付にいらしていただいて、相談にいらした旨おっしゃってください。(予約票、診察券、保険証等も受付で提示してください)部屋があいていることを確認の上ご案内いたしますので、お呼びするまでは待ち合い室でお待ちください。相談が終わったら、再度受付にいらしていただいて、終了した旨お伝えください。会計、次回の予約等を行います。

2. 待ち合い室に本棚を増設しました!

 待ち合い室の壁に本棚を増設しました。本の数もさらに増やしていきますので、ご利用ください。また、本の出し入れのために本棚の前にスペースを確保できるようご協力をお願いします。テレビ、ビデオ等のメディアが子どもの生育に与える悪影響について指摘されています。診察をお待ちの間に、ビデオを見るのでなく、絵本・本を読むようにしましょう。

ヨコピ-の子育て知恵袋

<ビックリヒャックリ>

 小さい赤ちゃんによく見かける「シャックリ」は、ビックリシャックリなどという言葉があるところから察しられるように、ビックリ反射、モロー反射と似たところもありますが、両者がまったく異質のものであることは言うまでもありません。時にはモロー反射が自分 のシャックリで誘発されることもあります。赤ちゃんにシャックリが出やすいことの理由は神経系が未熟であることと考えられています。オッパイや空気で胃がふくらむことが直接の引きがねになって、シャックリが出るのですが、放っておいても、10分以内には自然に止まります。授乳後に、十分にゲップを出しておけば、シャックリの出る回数を少なくできると思われます。赤ちゃんのシャックリには治療を必要とするものはまずありません。

 モロー反射は、ちょっと見ると、年長児や大人が驚いた時に起こす「ビックリ反応」と似ていますが、細かく見ると、大きな違いのあることに気づきます。モロー反射では、両腕を開き、肘や指の関節を伸展する運動が主体ですが、年長児や大人が驚いた時は、肩をすくめ、両腕をからだにくっつけ、肘を曲げ、手を握りしめるという屈曲運動が目立ちます。ビックリした時に起きるという点は共通していますが、両者は同じものではありません。モロー反射は日齢が大きくなるにつれて出にくくなり、4ヶ月頃には消失してこの時期以後、しだいに成人型のビックリ反応に移行するということです。

おすすめの絵本(紹介:おはなしたんぽぽ)
ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん

エルサ・ベスコフ さく・え
おのでらゆりこ やく
福音館書店

 プッテは、お母さんの誕生日プレゼントのブルーベリーとこけももを見つけに森に行きます。どこを捜しても見つけることができません。切り株に腰掛けると涙がこぼれました。すると小人の王様が現れ嬉しいことが起こり、プッテをファンタジーの世界へ導きます。プッテは、礼儀正しい男の子や女の子、小動物や昆虫たちがゆっくりと平和に暮らす世界で充分遊び、満足感と安心感が一杯で現実の世界に戻ってきます。ブルーベリーの青とこけももの赤が、その世界をより一層美しく彩っています。

お知らせ

1.麻しん・風しんいずれかが未接種のかたへ

 予防接種法施行令の改正に伴い、麻しん、または風しんのいずれかをまだ接種されていないかたは、4月1日以後は原則として、公費で接種することができなくなります。3月中に接種を済ませるようにしてください。(両方とも接種がすんでいるかたは大丈夫です)また、1歳前に有料で麻しんの接種を受けられたかたで、公費でもう一度受けようとする場合も3月中に受けるようにしてください。予約は、Web予約Stationまたは受付まで。

2.感染症または感染症の疑いがあるかたへ

 冬の間は待ち合い室(感染室も含む)が大変混雑します。水痘、おたふく等の感染症の疑いがあるかた、既に診断されてその経過でいらっしゃるかたはできるだけ駐車場に着いた時点で受付にお電話ください。感染室があいていることを確認してご案内いたします。部屋があいていない場合は、あいた時点で御連絡いたします。ご協力をお願いします。

Yokota Children's Clinic医)横田小児科医院

〒250-0051
神奈川県小田原市北ノ窪515-3
TEL 0465-34-0666
FAX 0465-35-0756