本文へスキップ

小田原市の小児科クリニック、横田小児科医院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0465-34-0666

〒250-0051神奈川県小田原市北ノ窪515‐3

こあら通信バックナンバー

リストに戻る

こあら通信 第57号 2003 January

目次

小児科医の楽しみ
ホームケアアドバイス-冬の肌のトラブル!!効果的なケア方法は?
ヨコピ-のQ救箱
おすすめの絵本
お願い

小児科医の楽しみ

 あけましておめでとうございます。

 私が子どもの頃、お正月を迎えることは大きなイベントでした。しかし時代が変わって、というよりは自分自身が変わって、お正月もふつうの1日になってしまったような気がします。でも、年の変わり目に気持を新たにすることはとても大切です。子どもにも、じょうずに生きるための習慣として残してあげたいものですが、そのためにはまず大人がお正月を大切にしなくてはならないように思います。

 さて、我がクリニックもこの4月には開院10年目を迎えます。「どうして小児科を選んだのですか」とよく聞かれるのですが、長く小児科医をしていると、いろいろな楽しみが出てきます。

 その一。街で患者さんに出会ったときに、子どもから「横田先生だ!」と声を掛けられること。ちょっと照れ臭いこともあるのですが、思わず笑顔になってしまいます。

 その二。クリニックにやってきた子どもが、いかにも嬉しそうに診察室に入ってくるとき。「病院、大好き」と言われることは、私たちの目的の一つでもあります。絵や折り紙のプレゼントをいただくこともありますが、感激です。

 その三。まだ多くはありませんが、クリニックの患者さんだったお子さんが、親になって子どもを連れてくること。二世代にわたって診療ができることは、小児科医の大きな喜びですし、新しい発見の場でもあります。

 インフルエンザの流行が年末から始まって、年明けも混雑した外来が続きそうです。スタッフもちょっと疲れ気味ですが、子どもたちやご家族からの声援を支えに、頑張っていきたいと思います。

 今年もよろしくお願いいたします。

ホームケアアドバイス-冬の肌のトラブル!!効果的なケア方法は?

 子供の肌は環境にとても敏感。冬になると、皮膚からの脂肪分の分泌が減り肌がカサカサしてきます。ほっぺたが荒れるなど、多少の肌のトラブルは誰にでも見られますが、特に気をつけなければいけないのは乾燥型湿疹です。(アトピー性皮膚炎のお子さんは、空気の乾燥によって症状が悪化することがあります。)

 乾燥型湿疹は重い乾燥肌で、秋の終わりから冬の初めにかけて起こる皮膚炎です。皮膚がザラザラして白い粉をふいたような状態になり、激しいかゆみがあります。肩や脇腹、お尻、手足の外側などによく見られます。体が暖まるとかゆみが強くなるので、寝つきが悪かったり、夜、何度も目を覚ましたりすることがあります。

 肌がザラザラしてきたら、

1.皮膚の水分が逃げないよう、入浴後などに保湿クリームを塗る。(10分以内)

2.入浴時、石けんを使いすぎない。よく泡立てた石けんの泡で洗うように優しく洗い、よく流しましょう。(保湿用の入浴剤を使ってみるのも効果的)

3.肌着の刺激も受けやすいため柔らかい綿の下着などを着せる、などで肌が刺激を受けないようにしてあげてください。

 また、かゆみの対策としては、体を必要以上に暖めないことが大切です。あまり熱いお風呂に入れない、お風呂から出てすぐに寝かさない、ふとんをかけすぎない、などを心がけてください。かゆみが強くて眠れないようなときには病院を受診してください。かゆみ止めの飲み薬や軟膏などによる治療が行われます。

ヨコピ-のQ救箱

Q. 残ってしまった薬の保存方法を教えて?

A. 薬は直射日光、高温、湿気が嫌いなんだ。残った薬の保存方法、期間は下記の表を参考にしてね。

  種類    保存方法 期間
シロップ・水剤 単味のもの 数カ月
配合されているもの 2週間
散剤 乾燥剤とともに缶などに入れて 6ヵ月
錠剤・カプセル 乾燥剤とともに缶などに入れて 6ヵ月
坐薬 体重に応じた用量を考えて 1年位
軟膏 冷暗所(涼しい所) 6ヵ月
目薬 冷暗所 2週間
湿布薬 密封して冷暗所 6ヵ月

これはあくまで目安です。すべてがこの通りではないので、わからないときはいつでも聞いてね。古くなった薬(たとえば、変色、異臭、変な味、濁り、ゴミ等)は早めに捨てましょう。

おすすめの絵本(紹介:おはなしたんぽぽ)
「きみなんかだいきらいさ」

ジャニス・メイ・ユードリー ぶんモーリス・センダック え

こだまともこ やく 冨山書房

「ジェームズ」と「ぼく」はいつも仲良しでした。でも、今日は、ジェームズなんて大嫌いです。ジェームズの嫌なところを数え上げているうちに、仲良しだった時の事を思い出します。でももう「絶交」です。しかし「ねえ、ジェームズ」と呼びかけ、けろりと仲直り。赤と緑と黒の三色で描かれたすっきりした絵が、二人の関係と感情をみごとに物語り、子どものありのままの姿が、ユーモラスに微笑ましく描きたされている、とても楽しい小型絵本だと思います。

お願い

 急に寒くなって風邪をひく方が増え、当院も大分混雑してきました。待ち時間の短縮、混雑緩和のために皆様のご協力をお願いいたします。

1.電話予約では、同時に3名まで予約が取れます。ご兄弟で診察をご希望される場合、なるべく人数分電話予約を取るようにしてください。

2.休日明け(月曜・木曜の午前)、休日前(火曜の午後・土曜)は診察が混雑します。再診などで、病状が比較的落ち着いている方は、なるべくこの時間帯を避けて来院くださるようお願いします。

3.病状が重い場合、早い診察が必要な場合でも、直接来院するのではなく、まずは受付(0465-34-0666)にお電話をください。その際は、お名前と登録番号(紙の診察券にある4桁または5桁の数字)をご連絡ください。

Yokota Children's Clinic医)横田小児科医院

〒250-0051
神奈川県小田原市北ノ窪515-3
TEL 0465-34-0666
FAX 0465-35-0756