本文へスキップ

小田原市の小児科クリニック、横田小児科医院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0465-34-0666

〒250-0051神奈川県小田原市北ノ窪515‐3

こあら通信バックナンバー

リストに戻る

こあら通信 第32号 Dec2000

目次

21世紀を子どもの世紀に
ホームケア・アドバイス
最近多くみる病気
ヨコピーのQ救箱
お知らせ

21世紀を子どもの世紀に

 20世紀もあとわずかで終わります。今世紀が始まったとき、20世紀は子どもの世紀になると考えられていたそうです。確かに、何の権利もなく、多くの子ども達が単なる労働力と考えられていた時代から比べれば、子どもの生活は格段に改善されたようにみえます。

 しかし、子ども達は本当に幸せになっているのでしょうか。児童虐待が今ほど騒がれた時代はありません。また学校で起こる様々な問題、青少年の非行なども、よく考えてみると世の中がおとなの論理で動いていることに根差しているように思えることもあります。

 人は知らずしらずのうちに自分が育てられたように、自分の子どもを育てています。それは仕方のないことですが、たまには立ち止まって考え直してみることも必要かもしれません。子どもの人権は本当に守られているのでしょうか。子ども達は何を望んでいるのでしょうか。おとなの暮らしが変わらなければ、子どもの暮らしが変わるはずはありません。

 新しい世紀に向かって、横田小児科医院も少し様変わりをするつもりです。皆さんと一緒に、“子どものために”を旗印に活動してみたいと思っています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ホームケア・アドバイス
水ぼうそう(水痘)

 子供には発疹の出る病気がたくさんあります。その中で、ほとんどの子どもがかかるポピュラーな病気の一つである、水痘(水ぼうそう)についてお話しします。

《原因》
水痘は水痘帯状疱疹ウイルスによって起こり、潜伏期間は2週間です。

《症状》
だいたいは軽い熱を伴い、お腹や耳の後ろから薄い皮を持った水疱が現れ、3~4日増え続けます。水疱は、2~3日で破れてかさぶたになり、1週間ほどで消えていきます。全部の発疹がかさぶたになり、新しいものが出なくなれば、病気は終わりです。潜伏期間中は人に移しませんが、発疹の出る前日くらいからはうつる可能性があります。

《治療》
最近まで、有効な薬がなかったため、かゆみを止める抗ヒスタミン剤や発疹の化膿を予防する抗生物質、発疹を早く乾かすための塗り薬などが使われていましたが、数年前より水痘のウイルスに有効な抗ウイルス剤が使われるようになり、症状も軽減されるようになりました。

《日常生活で気を付けること》
1.爪をよく切る
2.手をよく洗う
3.体を温めすぎない
かゆみが強くなることがあり、ひっかいて細菌感染を起こすこともあります。感染を起こすと治りが遅く痕が残ることもあります。
4.全部かさぶたになるまでは、学校や幼 稚園はお休みし、水ぼうそうにかかっ ていない友達と遊ばない。
※水ぼうそうにもワクチンがあります。接種していても10-20%の人が感染してしまいますが、大部分の方は症状が軽くてすみます。

最近多くみる病気(平成12年11月現在)

1 感染性胃腸炎(初冬にはやる小型球形ウイルスによるものです)
2 おたふくかぜ(いまだに流行がおさまりません)
     髄膜炎や難聴を併発することもあり注意が必要です
3 水痘(しばらく鳴りを潜めていましたが、冬の定番です)
インフルエンザはまだ流行はみられませんが、迅速診断検査でみつかったという報告があります。12月下旬あたりから流行が始まるかもしれません。

ヨコピーのQ救箱

Q.鼻血がよく出るけど大丈夫?

A.鼻血は、繰り返し出ることが多いけど、数分で止まるものは大丈夫だよ。特別な病気(白血病や血友病など)で出る場合は、なかなか止血しない。また、強くぶつけた覚えがないのにあざができやすかったり、異常な程に腫れあがるなど、他にもいろいろな症状が出てくるんだよ。鼻血は、風邪や鼻炎などで鼻の粘膜が荒れた時、鼻をいじりすぎた時などに出やすく、治ったと思ってもかさぶたがはがれ繰り返す事が多い。対処法は、まず慌てない!少し前かがみに座るか、立て抱きにする(寝ると血液がのどにまわり、固まり、のどにつまったり、胃に落ちて吐くことがある)。鼻がふくらむ程、脱脂綿かガーゼをつめ、小鼻を強めに押える。冷やすのもいいよ。のどにまわった血は、口から出すかうがいをする。10分以上続くようなら、太い血管から出血していることもあるので、耳鼻科を受診しよう。

Q.予防接種の予約、もう少し定期的に(すぐに)予約が取れればいいのですが。

A.今、調子が良いからすぐに予防接種を打ちたい、なのに予約は1ヶ月先。本当に皆さんにはご迷惑をおかけしちゃってすみません。お母さん方の気持ちは十分に分かるのですが、予防接種の予約は人数に限りがあり、すぐに予約も埋まってしまうので先へ先への予約になってしまうんだ。急ぎの予防接種なら、朝8時20分からがお奨めだよ。毎朝やっているから午後の予約よりも早い日にちの予約が取れるし、診察の前に行っているからすぐに終わっちゃうよ。なるべく皆さんの要望に添えるようにしていきたいと思っているけど、人数の関係でうまくゆかない場合もあるのでご協力をお願いします。

お知らせ

 受付する時に電話予約カードを機械に通す理由って知っていますか?皆さんが、プッシュフォン操作をして電話予約しますが、その予約をまとめているコンピューターは事務所の中にあります。来院時に電話予約カードを機械に通すとそのコンピューターに“来院したよ”という印がつき、その印を見て、私たちスタッフは患者さんが病院に来た事を知るわけです。ですからプッシュフォン操作して電話予約をした時は、必ずカードを通してほしいし、逆にそれ以外で予約を取った方は(受付に直接電話して予約を取った・予防接種の予約)、トラブルの元になるので、カードは通さないで下さい。よろしくお願いします。

Yokota Children's Clinic医)横田小児科医院

〒250-0051
神奈川県小田原市北ノ窪515-3
TEL 0465-34-0666
FAX 0465-35-0756