本文へスキップ

小田原市の小児科クリニック、横田小児科医院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0465-34-0666

〒250-0051神奈川県小田原市北ノ窪515‐3

こあら通信バックナンバー

リストに戻る

こあら通信 第15号 JULY 1999

目次

長く続く微熱
ようこそよこたずーらしあへ!
ホームケアアドバイス
プリクラシール集めています
お願い

長く続く微熱

 雨の日が多くなりました。夏カゼの代表の手足口病も出始めて、体調を崩しやすい季節です。真夏に向けて健康に気をつけて下さい。
 さて、今回は「気になる症状」第2弾、「長く続く微熱」です。カゼを引いたあと微熱がとれない、プールに入るために熱を計るといつも 度台・・という心配には小児科の外来でよく出会います。
 子どもの体温は大人に比べると少し高めです。また、午前中は低く、午後になると高くなるというパターンで変化しています。予防接種でも 度4分までは発熱と考えないことになっているように、 度台前半の体温は平熱と考えられているのです。特にカゼのあとなどは体温の設定が高めになってしまうことがありますが、時間が経つと自然にもとに戻ります。
 もちろん、カゼが完全に治りきらなかったり、軽い気管支炎や中耳炎、副鼻腔炎(蓄膿症)が続いていることが原因のこともあります。咳や鼻水が続いていて微熱があるときには注意しなければなりません。
 微熱で一番心配なのは、白血病や小児ガン、結核などの重い病気があるのではないかということですね。ほかにも、リウマチなどの自己免疫病と呼ばれる病気、腎盂腎炎など微熱がでやすい重い病気はたくさんあります。でも、これらの病気は微熱だけが症状ということは非常に少なく、体の痛みやおなかの症状があることが大半です。微熱そのものよりも、子どもの体調に注意し、いつもと違うところがないかどうかという眼でみることが大切です。
 微熱が心配になったら、まずきちんと体温を計ってみましょう。運動した後や食事の後は避けて、安静にした状態で計ります。電子体温計は実際より少し高めにでることもあるので、心配なときには水銀体温計を使ってみるとよいでしょう。1日3ー4回計り、グラフにしてみると体温の変化がよくわかります。午後だけ37度台前半というときには正常のことがほとんどです。37度台後半の熱が3日以上続くときには、特別な症状がなくても診察を受けたほうがよいでしょう。心理的な問題で微熱が続くことも時にあります。

ようこそよこたずーらしあへ!

 こんにちは、僕は「よこたずーらしあ」案内役のヨコピーです。みんな覚えてくれたかな。前回でも説明したけど院内を動物園に例え、各ゾーンに分けて分かりやすく説明していくからね。という事で最初のゾーンは「受付」だよ。ではさっそく行ってみよう。受付についたら次のものを用意してね。
  予約カード
  診察券
  保険証
 次に受付の仕方を説明するよ。
・自動電話予約で予約を取った時はカードを通す。
・診察券、保険証を診察券入れに入れる。
  保険証は月一回提出、変更があった場合はその都度見せてね。
・車で来院した時は、駐車した位置を伝える。
 ここで注意してほしいのが、うつる病気の疑いのあるお友達は必ず受付のお姉さんに言ってね。いつもの待合室ではなく第 診察室に案内するよ。みんな知っているかな。お会計の隣のゾウさんのドアを開けると待合室になっていて、ライオンさんとカバさんの2つの診察室があってそこで診察するよ。
 受付について分かったかな。分からない事があったら受付のお姉さんに声をかけてね。
 ここではゾウ・ライオン・カバがいた事が分かったね。次のゾーンは問診だよ。どんな動物がでてくるかな。楽しみにしててね。

ホームケアアドバイス

 陽差しが強くなり、日やけが気になる季節ですね。小麦色の肌にあこがれ、海やプールへ行く人も多いのではないでしょうか。
 日やけした小麦色の肌が健康のシンボルと考えられがちですが、それは大きな間違いです。紫外線は皮膚の細胞遺伝子に傷をつけ、シミ、しわや皮膚ガンの原因となります。さらに、日やけの後では皮膚の免疫力が著しく落ちることも明らかになっています。今回は日やけ予防についてお話しします。
☆肌は外界から体を守る大切な役割をしています。
 私達の体を覆い包む肌。でも肌はただ覆うだけの衣服とは違い、外界の刺激から体を保護したり、体温・水分の調節、呼吸、感覚をつかさどる働きがあります。このような肌にとっての天敵は紫外線です。
☆紫外線について
 太陽の光はいくつかの種類がありますが、肌にさまざまな影響を及ぼすのは紫外線です。紫外線が強く降り注ぐのは真夏だけではありません。太陽高度は春先から高くなるので、春や秋の強さも無視はできません。
☆太陽と上手に遊ぶ為に
 太陽は子供の元気の素。紫外線を気にしすぎて子供を太陽から隠すより、過度の日やけをしないようにすることが大切です。その為、次の点に注意しましょう。
・外出時は帽子をかぶろう。
・紫外線が直接当たる部分には日やけ止めを塗ろう。
・洋服は濃い色の物をゆるめに着るのが効果的(濃い色は紫外線を通しにくい反面、熱がこもりやすいのでゆるめに着るのが効果的)。
・午前 時~午後 時は紫外線が強いので注意が必要です。
 日やけ対策をし、楽しい夏をお過ごし下さい。

プリクラシール集めています

 皆さんの顔と名前を覚える為にプリクラシールを集め、カルテに貼っています。どんなものでもかまいませんのでよかったら一枚下さい。また以前いただいた方も、成長した新しいプリクラをいただければうれしいな。よろしくお願いします。

お願い

 最近、診療の際にいろいろな相談を受けることが多くなり、多少診療に影響が出ています。相談はどんどんしていただいてかまわないのですが、時間のかかる相談は診療の遅れにつながりますし、ゆっくりお話しされた方が安心されると思います。難しい相談がある場合には、前もって受付にお電話下さい。院長の都合をみて相談の日時を決めさせていただきます。

Yokota Children's Clinic医)横田小児科医院

〒250-0051
神奈川県小田原市北ノ窪515-3
TEL 0465-34-0666
FAX 0465-35-0756